店長日記

こんにちは!店長の石川です。
3人の息子の母と嫁・お米屋と毎日元気に走り回っております。
毎日の元気の源はやっぱり「おいしいご飯」ですね!!
宜しくお願い致します。

店長日記はこちら >>

メール会員登録

携帯ページ

お知らせ ※重要・お知らせ※
9月より宅配便の送料の改正によりお米は「24キロ」までとなり、送料も値上がしまして、送料無料地域でも、別途送料を追加で頂いておりましたが、追加分は割引としてサービスさせていただくことなりました。
尚、離島・沖縄は今まで通りの別途送料は頂くことになますが、今後ともよろしくお願い致します。

毎日、つきたての美味しいお米をお届けしております。
HOME»  お米の管理について

お米の管理について

 

お米の管理が美味しさを保つ秘訣

お米も生きています。特に梅雨の時期から夏にかけてお米の管理が美味しさを保つ秘訣です。
保管温度:常温保存温度は5℃~17℃
お米の保管場所として適しているところ

  • 涼しいところ
  • 湿気の少ないところ
  • 直射日光が当たらないところ
  • 風通しの良いところ

お米の嫌がる場所は高温多湿の場所
例えば…湿気が高いところや直射日光の当たるところ(日が当たりやすいところ・洗濯機、冷蔵庫のそば・台所のシンクの下など

冷蔵庫の野菜室」で保管もおすすめ
低音で湿気も低く、直射日光も当たらない「冷蔵庫の野菜室」は、夏場の保管場所におすすめです。ただし、お米には匂いがつきやすいので密閉性のあるタッパーペットボトルに入れてください。お米の袋そのままではオススメできません。(お米の袋には空気穴があります。)

米びつをお使いの方は、新しいお米を入れる前にきれいに掃除してください。陽気に付着した前のお米のぬかやごみなどを放置していると、虫などの発生する原因になります。

お米の虫よけ「米びつ当番」(鷹の爪)を入れ、掃除をしてから入れてください。

美味しいお米をいただくためにも、精米後一ヶ月を目安にお召し上がりください。